【終わりの始まり?】テスラ株急落、バブル崩壊の前兆か?

広告
こんなことを考えました

2月23日の米国株式市場でテスラ株価急落した

初値669ドルから始まり

終値698ドルに終わった

これまで2月20日あたりまで1株800ドルで推移していたが

徐々に値が下がり

ついに600ドル代まで下がってしまった

S&P500に組み入れられる頃の水準まで下落だ

なぜここまで下がってしまったのか?

私なりの考察でまとめようと思う

テキサス州などを襲っている寒波が影響か?

frozen tower under gray sky

ここ最近の起こった出来事で

何があったかと思い返すと

☃☃テキサス州の寒波がある🌬

現在寒波でどのような影響が起こっているのか?

BBCニュースにはこのような状態だと書かれている👇

テキサス州では30年ぶりに気温が摂氏零度まで下がるなどした影響で電力需要が急増し、大規模停電が発生した。暖をとるためエンジンをかけたままの車内で過ごしたり

屋内で発電機を回したりした影響で最大都市ヒューストンのあるハリス郡では300人以上が一酸化炭素中毒になったとされる。ヒューストンではろうそくが原因とされる住宅火災で少なくとも4人が死亡した

今月半ばには約330万の世帯や事業者に電力が届かず20日午前の時点でなお約8万世帯が停電状態だった。

参照:寒波被害で停電・断水続く米テキサス州、バイデン氏が大規模災害を宣言 – BBCニュース

かなり大きな影響のようだ

さらに見ていくと気になる記事があった👇

 全米の停電状況を伝えるウェブサイト「PowerOutage.us」によると、21日時点で約2万8000世帯の停電が続く中、テキサス州では一部の州民の電気代が数千ドル(数十万円)に及び、中には1万6000ドル(約170万円)に上るケースもあった。

 テキサス州では、大半の州民が電気料金の定額制プランを利用しているが、変動制プランを契約している州民もいる。変動制プランでは気象条件が良いときは電気料金を節約できるが、寒波に見舞われると料金が跳ね上がることがある。

 ミネソタ州のティナ・スミス(Tina Smith)上院議員(民主党)は、天然ガスのスポット価格(1回ごとに取り決められる取引価格)が最大で通常の100倍に高騰し、電力会社が天然ガス価格の上昇分を顧客に転嫁していると主張し、連邦政府に調査を要求した。

参照:米テキサス州、寒波で電気料金が急騰 170万円のケースも(AFP=時事) – Yahoo!ニュース

どうやらテキサス州では電気料金を

定額制変動制のプランがあるようで📊

今回の影響で、変動制を選ぶと

1か月の電気代が約170万になるケースが発生した模様

ここで大きく影響を受けるのがEVの充電だ🔋🔌⚡

移動の足となる自動車を手放すこともできず

充電するしかないが

この状態で充電をすると、とんでもない料金がかかる💸💸

今回の寒波でによって9,000ドル/1メガワットにまで上昇したらしく

テスラ車(100kWh)を充電すると900ドル(9万くらい)になる

さらにEVに搭載されるバッテリーはリチウムイオン電池で

低温、高温環境に弱い特徴もある😨

世界各国のガソリン車販売禁止の流れが先行き不安に

先進国各国が

「ガソリン車販売禁止、新車販売を全車EV」🙅‍♂️

の流れになってますが

ここにきて寒波の影響で

電力不足で経済停滞の懸念が出てきたわけだ

このまま政府が対策を打たず

このような電力不足が発生してしまう場合

ガソリン車販売禁止の流れはもはや確定事項なので

EVの普及が進み、電力の供給が滞る現在の状況だと

製造業などの分野にも影響が出る

更には交通網は停滞し

SNSへのアクセスもできない状況になると

経済的に大きな打撃が出る

これらの懸念でEVのみの販売をしているテスラの株式が

大きく値を下げていると予想する

先行き不安になる材料が多くなっているので

期待されていたことから

一気に警戒、懸念へと変わったのだと思う

しかし、政府がガソリン車販売を

禁止する方針を出している以上は対策をするはずなので

これらの電気不足問題は解決できると思われる

しかし、テスラの株価が戻るとは限らない

でもワタシは理想に向かって進み続けるテスラの

未来を応援するのでまだまだテスラ株を持っているつもりだ

ではまた❗😃👍

コメント

タイトルとURLをコピーしました